イボの治療は病院で、予防も大切

2016年10月31日 at 11:16 AM

イボが出来る原因はヒトパピローマウイルスというウイルスです。
このウイルスが傷口に入り込んで感染することにより、肌にイボができるのです。
このウイルスの種類は、100種類以上もありできる部位や年齢、症状によっても分けられています。
治療法として、市販の治療薬を使う人もいますが安易に購入し使用することはオススメできません。
なぜなら、イボの原因となるウイルスは多種多様で種類も沢山あるからです。
一般的には、皮膚科や美容クリニックに行くことをオススメします。
クリニックでの治療には、液体窒素やレーザー、ステロイドや漢方薬など症状や程度に
よって異なります。
薬だけで治療することは少なく、多くの場合は液体窒素やレーザーと併用します。
クリニックによっては、1つ1つハサミで切除する所もあります。
治療方法の種類や、受ける人の体質によっても効果が違ってきますので気になるようでしたら
専門医に相談するのがよいでしょう。
イボが出来ないようにするための予防にはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。
出来やすいのは、免疫力が下がった時などです。
肌は清潔に保つようにして、規則正しい生活を心がけましょう。
また、怪我や紫外線によるダメージによりできてしまうこともあるのでなるべく刺激を
与えないように気を付けるとともに紫外線対策もするようにしましょう。

自分でできるイボ治療とは?

2016年10月31日 at 11:15 AM

イボは自分で治療することができますが他人にウイルスを移してしまう危険性も考えられますのでできるだけ早期な治療を行うようにしましょう。自分でイボを治すときに絶対にしてはいけないことは削り取ることです。削ってしまうと中に入っているウイルスがまき散らされ、さらに大きくなってしまったり増殖してしまう原因になりますので直接触って直すのではなく薬を使うようにしなければなりません。外用薬にはサリチル酸という主成分が配合されており、皮膚の角質を柔らかくする作用によって患部の角質が腐食され柔らかくなります。その結果皮膚の下で新しい皮膚を再生しようという働きが起こり下から再生された皮膚によって押し上げられ患部を除去できるようになります。このイボの外用薬の正しい使い方は、液体タイプの薬であれば患部に塗って使い、絆創膏タイプのものであれば直接貼るだけですから簡単に治療ができます。イボが軟化してきたらピンセットなどを使って芯を取り除くようにしましょう。痛みがある時は無理をせずもう一度薬を塗るという繰り返しを行ってください。液体タイプの薬はできれば一日4回塗るのが理想ですが絆創膏タイプであれば貼っておくだけでいいので比較的楽に治療できるといえます。正しい治療を行えば自分でもイボを治すことができますのでぜひ実践してみて下さい。

イボの治療は自己流ではなく病院へ

2016年10月31日 at 11:13 AM

イボはイメージ的にあまり悪さをするイメージではない事からニキビと同じ扱いで括られてしまいますが、下手をすれば自己流で潰すなどを行えば命にまで関わるほど危険なのです。しかし、見た目も悪いために悪性でも良性でも気になってついつい弄ってしまいがちです。病院ではレーザー治療や液体窒素で焼き切る方法など色々な治療方法があります。特にレーザーは跡が残りにくく、痛みも少ない事から主流の方法ですが、どうしても痛みに耐えられないという方には飲み薬が出される事もあります。一言でイボの除去と言っても個人に合わせた方法がいくつか用意されている事が分かります。なので、自分で潰して悪化させる一歩を辿るのならば病院で適切な治療を受けた方が早く的確に治りやすいのです。基本的に1回の通院で掛かる金額は2000円前後と数回程度なら安く済む金額ではあるので、躊躇せずに一度診てもらうようにしましょう。イボの種類もあるので必ずしも自分の好きな治療法を選べるとは限りませんが、気になる方や良性だけどどうしてもイボがついているのが嫌という方などは、まずは病院で自分に合った適切な治療法を見つけるためにお医者さんに相談してみましょう。間違っても自己流は治らない可能性が高いので注意してください。